OPEN/CLOSE

  • 2016/02/06

    ホームページ開設

salonで使用しているEO

 

アメリカのYOUNG LIVING社(以下YL)のものになります。
創設者はゲリー ヤング氏。
2015年にCEOを奥様メアリーさんに引き継ぎ、現在は開拓や研究に集中されています。

 

噴霧に留まらず、直接塗布、飲料(国によって食品添加物認可を取っている数が異なりますが日本は現在11種類程)、
高品質の稀少なEOの会社です。
〜EO自体のおおまかな説明はこちら〜

 

YLの製品はフランス式使用が可能でグレードは世界2%のAグレードなので
安心して赤ちゃんも動物も使えます。
その中でももっと厳しく管理されているのが1%でありYL社はここになります。
なぜ2%の中でも1%に入るかと言うと”過去3年間無農薬”でオーガニックと謳える幾つかの有名な認定がありますがYLのこだわりは

 

①「地球史上」一度も農薬を使っていない畑を探し回り開拓して栽培していることです。

 

②そして山の湧き水を引き、天然肥料、無農薬で育て、各種それぞれの苗床の管理は温室でケアし、土壌・気候・地理(場所)に合わせ、何度も研究した最適時期(季節)に畑に植え替えるそうです。

 

何度か収穫をし、土壌の養分や性質が変われば植物自体の成分も変わるので、品質が落ちぬ様常に調査と対応をし、その時のその畑(土壌)に適したものを植え替えるようにしています。

 

③機械ではなく(トラクターなどから少しでもモーターオイルなどの化合物が落ちるのを避ける為と、機械の出す周波数が植物達に影響を与えるのを防ぐ為)

 

馬を使い、手作業で行います。各国の農場を、見に行ったり行程の体験をするツアーもあります。

 

④畑に出る作業員の、コンディションを管理している。

 

植物自体が人間を癒そうとするそうで、もし機嫌や体調が悪い状態で作業すると植物が本来持っている多くの成分がその人に使われて商品にした時に有効成分が落ちたりバラツキが生じるため
購入者の為のEOでなくなってしまうので、とても重点を、置いているとの事です。
ゲリー談「ちょっとでも問題を抱えていたり体調が悪い人は、その日仕事をさせないんだよ」

 

私はこの日の彼の言葉を聞いて言い表せない感動を覚えました。だから1%と言えるんだな、と。

 

こうも言っていました

 

「同じレシピでブレンドオイルを作ったところで(レシピや従業員を盗まれた事多々あるそう)、お金にならないくらいここまでこだわった管理する事も出来ないし、畑を世界中探し回る事も出来ないからシングルオイルのグレードも同じようには出来ない。だから問題ない。使用者を騙して、害迄出る事が一番怖いし問題なんだ」

 

⑤自社ラボと他社機関で何度も成分検査をし、少しでも自社基準に満たないものは破棄するそうです。

 

全ての成分を満たした合格基準に達っして製品化するのは20%!
EO(植物)には成分が最高になる最適の温度、加熱時間、圧力、搬入法、日に当てるor影干しで各何時間or何日かが異なるので何度も観察、研究、検査をする為。
また蒸溜中にも成分変化が起こらないよう検査や管理をしているそうです。

 

⑥そこまでして最高のEOを抽出しても容器で台無しになる事があるので
ガラス、ステンレスなど化学反応が起こらないものを使用し、瓶だけでなく中蓋や蓋の素材、形状も何度も検査して決められています。

 

⑦極め付けは、特にブレンドオイルの調合。

 

身体(脳や臓器)や感情は各々異なる周波数があるので、それに合わせて調整してあるのです。

 

ココまでで、お腹いっぱいですよね。
これだけ徹底している事はあまり公開されていません。
インターネットではあまり良くない書き込みも多いのですがこれは年に4度程行なわれる各分野の専門家や医師によって細かく説明される”Dr.セミナー”なるもので直接聞くと利益主義ではなく、職人ともいえる程の理念と品質管理に納得が出来ると思います。

 

上記の①〜⑦の、理念は、Dr.セミナーで聞き、学んだ事です。なので個人的にはDr.セミナーは、超お気に入りです!

 

「直接塗布や飲料がちょっと怖い」とか「どんな会社か解らなくて怪しい」と思う方も多いと思うので
定期的に説明体験会を開催しますがこのDr.セミナーを利用するのも良いと思います。

 

チケットが必要なので興味がおありでしたらメールにてご連絡ください。
開催などはニュース欄やBlogでお知らしますね。

 

EOは常にパワフルな効能を万全に保って私達に届けられるので安心と信頼が出来る為、余計な心配をせず「使う」事だけに集中できます。
疑うのは疲れるので、その行程を省けるのは愛用者にとってとても優しい点です。