OPEN/CLOSE

  • 2016/02/06

    ホームページ開設

 

 

〜CBDとは〜

大麻草(学名:Cannabis sativa L.)に含まれる85種類のカンナビノイドと呼ばれる独特の天然成分で、THCやCBD はその成分の1つです。現在の大麻取締法では大麻の✴︎花と葉は禁止。
ここから主にTHC(Tetrahydrocannabinol:テトラヒドロカンナビノール) という成分が沢山採れ、これが幻覚などの精神作用の出るいわゆるマリファナとなります。

 

✴︎種と茎は合法

 

ここから採れる主成分CBDも合法で薬理効果が世界的に注目されており、精神作用が、全く無いカンナビノイドです。
しかし花や葉からの抽出と比べると、少量抽出しか出来ない為かなり沢山の種子と茎を要する。これが金額に影響が大きい為、医療大麻としてのみ大麻草を丸ごと(花も茎も全て)合法にして処方出来るようにという動きや裁判準備が進められています。

 

現在、北米とEU諸国を中心に各国の規制緩和と共に幅広い疾患への治療利用が進展しています。

 

麻には沢山の品種があり
その品種の違いはCBDとTHCの含有量によるそうです。
簡単に云うと、どちらかの量が増えるとどちらかは減るという仕組みで、これまで市場があり需要が求められて来たのはいかにTHC含有量の多いマリファナの品種を作りいかにTHCを壊さずに抽出して使用するかでした。そうすると必然的にCBD量が少ないものの品種改良が盛んに行われていました。CBDの含有量をいかに上げた品種を作るかは今まで研究どころかニーズもなく放置されて来たが2013年夏にアメリカでCNNの医療ドキュメンタリー番組をきっかけに
CBDが大きく注目され、幅広い治療に利用されるようになってきました。

 

http://youtu.be/GR6ibJnC0rs
http://youtu.be/Z3SKChYFBTA

 

海外の臨床研究によると、CBDがガン、発作、てんかん、認知症、アルツハイマー、薬物中毒、自閉症、心疾患、糖尿病、多発性硬化症、統合失調症、リウマチ、線維筋痛症などの様々な症状への改善が報告されています。これらの病気に効果を発揮するメカニズムは、まだ十分に解明されていませんが、1990年代に発見されたエンド・カンナビノイド・システム(endocannabinoid system)が、直接的に人体に働いているからと考えられています。

 

【参考】
痛みや鎮痛とカンナビノイド
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/analg-cannabinoid.html

 

CBDオイル -Arthur Oil-

 

アーサーオイル 30ml/¥13000

 

CBDオイルを1本の中にたっぷり150mg配合

 

アーサーオイルの原料はリトアニア産最高級 麻種子油(CBD)を使用しています。
厳しい品質管理を経て厳選された最高品質のCBDオイルを非加熱処理で使用し、乳化剤、防腐剤等を使用せず製造メーカーの卓越した技術と配合によって完成した世界最高品質のメイドインジャパンのCBDオイルです。
フコイダンを加える事によりレセプターを活性化させる事が出来るようになったので発売当初よりパワーアップした製品になりました。

 

■名  称:ヘンプシードオイル含有食品
■原材料名:麻種子油(CBDを含む)、オリーブオイル、モズク抽出物

 

<注意>
当社のCBD 製品は、大麻取締法の規制により、医薬品ではなく、食品または化粧品となります。